子宮筋腫名医のいる婦人科病院
   子宮筋腫名医のいる婦人科病院で行われる手術や治療、症状の改善など
 

 子宮筋腫の出産への影響
【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫出産の際に帝王切開が必要になる場合があるように、子宮筋腫と出産は無関係なものではありません。しかしながら、必ずしも大きな妨げになるかというと、そうでもないのです。場合によっては、特に影響を受けることもなく、順調に子供が生まれることもあります。もともと、成人女性の4人に1人と言われるほどの高頻度で生じる病気ですし、必ずしも深刻な事態を引き起こす場合ばかりではありません。

それを踏まえたうえで、まずは子宮筋腫が出産の障害になるかどうか、検査によってしっかり見極めてもらいましょう。経験豊富な名医であれば、大きさや位置、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、奬膜下筋などの種類によって、ある程度は予測がつきます。もっとも、すべてを事前に見通せるわけではありませんので、いざ出産の時を待たなくては不確定な事柄もありますが、現状として判明していることだけでも把握しておけば、むやみに心許ない思いに襲われずに済むでしょう。

出産を控えていれば、誰しも不安な気持ちになります。たとえ特定の不安な要素がなくても、多かれ少なかれ神経質になるものですが、出産前に子宮筋腫があることが分かれば、なおさら不吉な思いが心をよぎることもあるでしょう。しかし、実際には多くの女性が無事に子供を産んでいることも事実ですので、あまり考え込むのは逆効果でしょう。それよりも、おおらかな気持ちでいることの方が大切です。

産婦人科や婦人科の名医に任せられることはしっかり任せ、その上で子宮筋腫でも出産を安全に済ませるための方法を講じましょう。とくに影響もなく産めることもあるのですから、状況を正確に把握し、客観的な視点を持つことによって、大きく気持ちを安定させられることもあります。自分ひとりで解決するよりも、家族や名医の助けを借りて、新しい命を無事に迎えられるようにしましょう。

copyright © 2005 子宮筋腫名医のいる婦人科病院 all rights reserved.