子宮筋腫名医のいる婦人科病院
   子宮筋腫名医のいる婦人科病院で行われる手術や治療、症状の改善など
 

 多発性子宮筋腫
【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

多発性子宮筋腫とは、子宮内の色々な場所に子宮筋腫ができていることを言います。こう表現すると、多発性というのは恐ろしいものであるイメージができてしまうかもしれませんが、むしろ多発性は一般的なものであり、8割以上の子宮筋腫は多発性であるとされています。したがって、特別危険なものではないということを知ってください。また、一言で多発性と表現しても、実際には数が極端に多いものから、片手で数えられるぐらいのものまで幅がありますので、一様に取り扱うのは適切ではないでしょう。

筋腫核手術を行うことで、取りきれなかったものが残って再発につながることもありますので、婦人科の名医とよく話し合って治療法について検討しましょう。子宮動脈塞栓術(UAE)なら、多発性子宮筋腫であっても対応できますので、活用を考えるのも1つの方法です。ただし、新しい方法ですので、すべての婦人科で受けることができる治療法ではありませんし、費用も高くなりますので注意してください。多発性だからといって、治療が困難なわけではありませんので、名医としっかり話し合って症状を改善しましょう。

copyright © 2005 子宮筋腫名医のいる婦人科病院 all rights reserved.