子宮筋腫名医のいる婦人科病院
   子宮筋腫名医のいる婦人科病院で行われる手術や治療、症状の改善など
 

 子宮筋腫の手術後
【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫手術後に起きる問題としては痛みを始めとして、便秘や更年期症状などがあります。ただし、痛みは手術後1週間程度で治まるのが一般的ですし、便秘に関しては必ず起きるものではありません。更年期症状にしても、卵巣が残っていればホルモンバランスはほとんど変わりませんので、生じないことが多いです。

術式にもよりますが、それほど大きな体の負担を伴うものではなく、職場復帰も一ヶ月ほどで果たせることが多いなど、イメージよりも子宮筋腫の手術後の回復が早いと感じる女性も少なくないようです。もちろん、心理的な抵抗は強くあるでしょうし、気軽に受けることのできるものではありませんが、手術後の見通しが開ければ、過度に心配する必要もなくなるでしょう。

手術後の生活にはある程度の制限があります。たとえば、激しい運動や浴槽での入浴は子宮筋腫の手術後にはできないので、経過を見ながら徐々に以前の状態に戻していくことになります。また、手術後には定期検診を受けることがありますので、必ず受けるようにしてください。

注意点はあるにしても、手術後はできるだけ以前と同じ生活のリズムに戻すことが大切です。いつまでも病気のことを考えていることは気が滅入りますので、精神衛生上も好ましいことではありません。それよりも、せっかく健康を取り戻すために治療を受けたのですから、症状の回復を喜びながら、普段の生活に戻りましょう。

copyright © 2005 子宮筋腫名医のいる婦人科病院 all rights reserved.