子宮筋腫名医のいる婦人科病院
   子宮筋腫名医のいる婦人科病院で行われる手術や治療、症状の改善など
 

 子宮筋腫の名医がいる病院へ
【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫名医がいる病院を見つけ出して治療を受け、健康を取り戻すことは重要なことです。一度は病気になったからこそ分かることもありますし、それは些細なことではありません。今なら、子宮筋腫の名医から治療を受けられることの意義を理解することができます。

名医と呼ばれるほどの実績を残す過程で、その専門医が払ってきた犠牲を想像すると、感服すると共に胸が痛みます。その職業で一流と呼ばれるようになるためには、それ相応の努力と才能が必要ですし、まして病院は多忙を極める職種です。並々ならぬ苦労があったのではないでしょうか?

婦人科の病院にいって、子宮筋腫の名医から手術等の治療を受けることは、希望であると共に、どこかで回避したい気持ちもあります。完治するということは、手放しに嬉しいことです。しかし、自分のデリケートな部分を他人に治療されるということは、いかに相手が同性の女医さんであれ、抵抗があります。

できることなら、自分でどうにかしたいという気持ちがあります。それができないからこそ、婦人科の病院があるわけですが、名医に子宮筋腫の手術や治療を受けることなく、回復させることが、もっとも理想的な解決ではないでしょうか?

もちろん、症状が悪化して日常生活にも支障をきたす状態になることは困ります。そうなる前に子宮筋腫の治療を名医から受けることが大切であるということは、自明のことでしょう。しかし、問題がデリケートすぎるのです。

患者の気持ちを察してくれるデリカシーを持った専門医がたくさんいることは予想できますし、子宮筋腫の名医と呼ばれるような医師であれば、なおさらでしょう。体のことだけではなく、気持ちまで気遣ってくれる人が大勢いるのはわかるのですが、それでも人に見せたくはないという思いが、先に立ってしまいます。

そんな悠長なことを言っている場合ではないことは分かっています。病気なのですから、治療のために多少のことは我慢しなくてはなりません。相手だって、医療のプロとして接してくれる以上、恥ずかしがる必要などはないのでしょう。

しかし、人間の理性と感情は別物です。堂々としていようと思っても、恐縮してしまう気持ちがあるのです。子宮筋腫の名医から手術を受けることよりも、ついじっとしていようと思ってしまうのは、まさにそんな矛盾がきっかけになっているからでしょう。

多くの方が子宮筋腫の名医から手術を受けることを望んでいますが、それはどのような専門医なら安心かという視点からの結論のはずです。そもそも、治療を受けること自体を問題視している段階では、まだ切実さが足りないのかもしれません。

自分がこのような病気にかかるとは思っていませんでしたし、せいぜい風邪や数日で回復するような病気にしか縁がないと思っていました。思い病気と真正面から向き合うことなど、ずっと先の出来事だと考えていたのです。

そもそも、それが間違いだったのかもしれません。症状が出る前から、子宮筋腫の名医を探すようなことはできないにしても、健康は脆いものであるという認識ぐらいははぐくんでおくべきだったのかもしれません。結局のところ、世界を正確に認識できていなかったことが、問題の発端なのでしょう。

予防が大切であるということは、健康管理についてよく聞く言葉ですが、心からその通りだと思います。名医が見つかることよりも、子宮筋腫を予防できることの方が、はるかにありがたいことであることに、気付くべきでした。

しかし、人間は惰性に流される動物です。いざ病気になるまでは、自分の体は丈夫なものと思い込み、身体に対する気遣いなどはできません。我が身を振り返って見ても、まさにそのとおりであったと痛感します。

婦人科の病院を出産でもないのに訪れるのは、勇気がいるものです。しかも、そこに子宮筋腫の名医がいて、手術をして完治させてくれるという保証など、まったくないのです。もしかしたら、治療が長引くかもしれませんし、専門医の言葉で不快な思いをすることだってあるかもしれません。

そんな気持ちを抱えながら、婦人科を訪れること自体、健全なことではないでしょう。婦人科の名医など必要としない生活こそが、本来の人間の暮らしである気がします。子宮筋腫の症状さえなくなれば、それで解決するのですが、それは決して簡単なことではありません。

朝、目が覚めるときに、もしかしたら子宮筋腫の手術も名医を探していたことも夢だったのではないかと思うことがあります。まだ、夢と現実の境界が曖昧な目覚めたての時間だと、真剣にそう感じるのです。やがて、思考が正常に働くようになるにつれ、希望と現実の間に存在する隔たりに気付き、うなだれます。

女性特有の病気であるだけに、ますますデリケートな問題になってしまうのでしょう。風邪のような一般的なものであれば、あまり気にもしないで病院に行けます。そんな時、わざわざ名医がいるかどうかも気にしないで、近所の病院に直行するでしょう。

どうして婦人科には訪れずらいのかと考えると、子宮筋腫もそうですが、女性特有の病気であるということと、密接な関わりがあることに思い至ります。結局のところ、それが理由で動揺してしまうというのが、本音なのでしょう。

病気とは、身体を症状によってむしばまれるだけではなく、心理的にも追い込まれていくものであると言うのが、否応なしによく分かります。このような経験がなければ、そんなことは感じなかったかもしれません。しかし、いまとなっては、子宮筋腫や名医、そして手術について考えたことを通して、実感をもって理解できます。

今後も、長い人生が待っています。この困難を乗り越えることができれば、多くの幸せや喜びにも満たされる人生があるのでしょう。もちろん、そこには苦労もあれば嫌なこともあるのでしょうが、それもまた、人生です。まっすぐ進んでいく以外に道はありません。


copyright © 2005 子宮筋腫名医のいる婦人科病院 all rights reserved.